たまに書類をもらいに外に出かけたり。

今日も仕事なので出勤。仕事内容が引き継ぎ関連なので、実績のチェックとか。事務用品の発注とか。昼まで書類関連を片付けて、たまに書類をもらいに外に出かけたり。

午後から事務所で留守番しながら調べ物など。明日出張なのでその準備をして、整ったところで時間になったので帰ろうとしたらお客が来たので少し居残り。

家に帰ってから時間があったので、買い物をしに本屋へ。山梨では戸田書店にしか置いてないらしい。最悪明日隙を見て蒲田辺りで買おうと思っていたので助かる。

近所に来たついでにボウリングをやって帰宅。疲れたので風呂に入ってから寝る仕度をして、調べ物をして今になります。

素敵なサイトを見つかりましたので、皆さんにご紹介をします。

デスクトップPC レンタルならこちらのサイトへ

編集チェックを待つ間

編集チェックを待つ間、原稿がこなくて手持ち無沙汰にしているK原を誘って、バックギャモンの3本勝負。これが、ことごとく、出目が悪いうえ、こちらの判断も悪くて、ケチョンケチョンにやられてしまう。結局−4K。

ちょうどK原の待原稿も到着し、こちらの書いた原稿もOKが出たので、F社をでることにする。これでも、まだまだ終電には充分間に合う時間だ。

と、いうわけで‥‥これで、GW前の仕事はすべて、終了〜。マンション物件を探している方におすすめするのはレジディア恵比寿が評判です。さ、祝杯でもあげにいくか。

飯田橋からJRで高円寺へ。そして、いつものGoodyへ。
この日は、しまんぐさんがひとりで飲んでいた。ちょうど、私に呼び出しメールを入れたところだったとか。となると、ここで会うのは必然ですな。

カウンターのなかのmipoさんをふくめ
「Goody13周年おめでとう」
「正社員になれておめでとう」
「GW前の仕事が終わっておめでとう」
と乾杯三昧。

|ここまで前作が大ヒットした作品は

ここまで前作が大ヒットした作品は、ある意味何でも出来るから
まあ豪華絢爛、贅沢三昧。

制作者として観ると大変でかつ楽しい現場なんだろうな〜と。

テレビシリーズから観てる人への仕掛けは満載だし

笑いもてんこ盛り。涙はちょっと少ないけど。

アラフォーになった青島のリアリティ溢れる悩みとか

エラくなりすぎた室井さんの相変わらず苦悩しまくりの眉間のシワとか

すみれさんの過去の傷とか。さすがに練り込まれた台本です。

多分何度も観ると、毎回いろんな発見がありそう。

あまりにも豪華なキャスティングなので、逆になんであの人が出てないんだろう?と疑問に思ってしまうくらい。

それにしてもキョンキョンがまたスゴい事になってた…

突っ込むにせよ、楽しむにせよ、観て損はないと思います。

プロジェクターの比較がしたいならこちらのサイトです。

|まずイプシロンってのが読めません。 まあ

まずイプシロンってのが読めません。
まあ、それはさておいて

実に読みやすく、ちょうど電車で移動も多日程に読み始め
空き時間中心にして2日で読書完了です。

バスジャックってのがまあメインなんだけど
話はほぼ、これまでのシリーズを読んできた人向けに
集約されています。
この本から読み始めても、その面白さは??だと思います。

真賀田四季が今後どのように登場してくるのか、
はたまた登場しないのか、
それを期待させるための作品といっても良いのかと。

前作から今作の出版間隔が短いことも
これらの作品を一気に読ませようという意図が
あるんじゃないかと思いますです。KDXレジデンス白金3はおすすめマンションです。

東武ハイライン高輪

明日は…カヲシンのオンリーイベントが有るんだ…
思えばセツが「本格的に」腐り始めたのは彼らが原因だった、気がしなくもない。
小学4年生で見たし、映画は5〜6年生で見たし。
(其の前から腐りそうな要素は既に有った酷いヲタク子供/羊水の中で
既に妄想していた説に1票)
参戦される皆様、セツの分まで連弾を楽しんできて下さいまし。
どうせ北海道民だから行けるワケ無いんだけどさ!
遠征って考えた事無い。
同志がいっぱいとか言うけど、カヲシン程デカいカプとなると派閥じゃなくても
好みとか凄い細分化されてると思うので…セツ結構原作準拠派なんですよねー
想いを馳せる為に明日は第九でも流してるかな。気になるマンション物件は東武ハイライン高輪です。(´・ω・`)
桜流しは名曲だし残テ2番とかビューティフルボーイだって其れっぽいけど、
やっぱり1番の彼らのテーマは第九でしょう、と思います。
第九流して明後日にはカヲシンで活動してる方々のブログとか
読み漁るよ泣きながら。羨ましい。
何が羨ましいってカヲルが羨ましい!←腐りきれてないガチヲタ。

左側の歯の調子が宜しくない…噛み合わせが何か変。

ベルメゾン等々力

いずれにしても、この騒動後に二人とも生き残ることは、あってはならない。
だってどちらも正しいと言うことだけは有り得ないのだから。

現時点で、日本語読解力がない人間が国政の中枢にいる確率と、脳味噌に欠陥を生じている人間が県のトップにいる確率は五分と五分。
それだけでも非常に怖ろしい。
いや、それだけでもうたくさん。
あんな連中が蠢いていると思うだけで、この国の未来に暗澹たる気持ちになってしまう。

外は雨。
鈍色の空は重くのしかかってくるようだ。

Heal the world・・・
100人の政治家より、一人のマイケルの方が遙かに偉大だ。
お勧めのマンション物件はベルメゾン等々力です。

|今日は快晴。

今日は快晴。でもお仕事にでかけました。

行きの電車、
ミーティングの最中、
帰宅電車のなか・・・・眠い眠い眠い。読んでも聞いても、ど〜んと眠気に押しつぶされる一日でした。

さて、「裏拍」のお話。出勤前に「裏拍」について調べているときは元気。

普通、日本の音楽は裏拍じゃないので、ジャズとかロックとかやるには、メトロノームを聞きながら、その音を裏で聞く練習が必要、といいます。
できるよ、ふつうに。
              

私は別に、苦手じゃないと思うのです。

時計のチクタク、のタクのほうでポンと手拍子ないし足拍子、なんて、できる。ジャズもロックもちょこっとは聴いているし。白衣は東京のが一番有名です。

でも実は、日本の音楽にも裏拍はあって、
長唄もとくに三味線の聞かせどころの「合の手」のところを、替え手を入れて二人で問答するみたいに、呼び合うみたいに弾くときには、急に裏が入ってくるわけです。

スっチ、スっチ、、、、と先生はおっしゃいます。「チ」が、替え手が弾くところ。スは撥をあげてチで弾く。本手の人は逆。

「松の翁」に、
スチ、スっチンチン/スチ、スっチンチン/スチ、スっチンチン/スチ、スっチンチン
があります。

「チ」や「チンチン」の替え手を私が弾きます。というか、打つというか。
が、先生が弾く本手と、たまにしか、合わない!
最初の「スチ」の「チ」が本手とかぶっちゃう!!!!!なんでだああ!!!
ここが合わないとめちゃくちゃなかんじになってしまうのに。

            

唄がない三味線の聞かせどころの「合の手」はスピードが急に速くなり、どんどん次第に早くなるところでもあります。
あわてすぎるのかなあ。

上北沢パークホームズ

高度経済成長に歩調を合わせて急成長した放送局。
その頃は三十代で管理職、四十代で取締役も驚くことではなかった。
この制度が始まった頃なら、確かに「功労金」という意味合いも納得できたかも知れない。

ところが今や管理職になれるのは早くて四十代後半。
それもポストがない名ばかりの管理職。
そんなのがゴロゴロしている。
ましてや取締役になれるとしても定年、つまり六十歳になる年まではほぼ不可能。
つまり「功労金」を貰う人間が、実はまだ現役バリバリの仕事を求められる立場だったりするのである。

功を労う人間に、労を強いるとはこれ如何に?

この「朗報(悲報)」とほぼ時を同じくして組織改革の噂が飛び込んできた。
詳しくは書かないが、役員8人の内2人が退任。
残りの6人で席替えをして、組織を縮小し新任はなし。
つまり、丸々と太った牛を食べ尽くして来た人たちが、新しい世代にお裾分けするような気の利いたことはせず、骨をしゃぶろうというのである。

もしかしたら、彼らが食べたのは自分たちの脳味噌だったのかも知れない・・・。 引っ越しを検討している方にお勧めする物件は上北沢パークホームズです。

やはり2日目が飛びぬけてますね

実は先週明けから体調がよくなく、微妙に風邪気味での旅行だったFeです(´・ω・`)
本来は土曜日は半日出勤だったんですが、体調不良のおかげで代わってもらったっていう、怪我の功名でもあるんですが(^^;)

さておき、3泊4日の鹿児島旅行から帰還いたしました。

行きたかったところは全て行きましたよ~(*^-‘)b
でも、微妙に時間が足りなかった感じもあるので、またいつか旅行に行きたいですね。

色々とレポしたいんですが、プロジェクターの比較と写真整理とかまだなんで、とりあえず今日は時系列の流れでも。

<13(土) …1日目>

17:00 セントレア到着
     時間つぶしがてら、味仙の台湾ラーメンを食べる
18:40 セントレア出発
20:05 鹿児島空港到着
21:30 バスで鹿屋へ向かう(バスは定刻よりも15分遅れで出発)
    スッゲーとばしてて、途中車酔いしたザマス(´ω`)
22:50 バスは定刻通り(?!)鹿屋到着
23:00 ホテルチェックイン
    適当に原稿をやって寝る

<14(日) …2日目>

7:30 ホテル出発
    徒歩で鹿屋周辺の戦跡めぐりをする
    …が、予想以上に距離があって時間がかかったので、最後はタクシーを使った(^^;)
9:45 鹿屋航空基地資料館到着
    (予定では9:00に到着するつもりだった)
12:15 鹿屋航空基地資料館離脱
     時間的にちと見足りない…(´・ω・`)
12:40 バスで鹿児島市内へ向かう
     フェリー下船の時、バスに乗り遅れそうになったのはナイショ(^^;)
14:45 鹿児島水族館到着
18:00 水族館離脱
18:15 居酒屋『黒べぇ』にて晩飯
     注文した料理は黒豚串×5本・ざる豆腐・黒豚しゃぶしゃぶ・ネギ塩タン焼き、あと酒
19:45 アニメバー『NANA』に武力介入
    その後、隣に座った女性2人組と聖闘士星矢ネタで盛り上がる
22:30 その女性を誘って二次会へ→アニメバー『羅ラら』へ行く
     そこではオフ会(プラモデルオフ)やってた
23:30 いったんホテルにチェックインして、バーに戻る
     ほどなくして女性は自宅のクアトロウーノ城北中央公園帰宅したが、隣に座っていたヤローとガンダムネタで盛り上がる
25:30 ホテルに帰還
     飲みすぎたらしく、部屋に入るなり即死(゚ω゚)

<15(月) …3日目>

9:00 ホテルを出発
9:30 レンタカーを受理→鹿児島市街出発
10:30 知覧到着
     まずはテケトーに買い物と食事をする
11:30 知覧特効平和会館へ
    平日にもかかわらず、見学者がめっちゃ多い
15:00 知覧周辺の戦跡めぐりをする
16:00 ホタル館 富谷食堂へ
17:00 知覧離脱
17:30 道の駅いぶすきでテケトーに買い物
18:15 民宿たかよし到着
18:45 砂虫快感……じゃなくて、砂むし会館『砂楽』へ行く
     「指宿」と言えば砂蒸し温泉ですNE!(^ω^)
19:30 宿で晩飯
     オールフリーを飲んでいるのは、昨日ちと飲み過ぎたので(^^;)
21:00 なんか疲れてたみたいで、早々に撃沈した

<16(火) …4日目>

5:00 起床→原稿
6:00 宿の風呂に入る
    宿の風呂も温泉なのでンギモチイィ!
7:30 朝飯
8:00 宿を出発
9:30 万世特攻平和会館到着
    平日ってこともあるけど、閑古鳥ないてました
    その方が落ち着いて見学できてよかったんだけど。
12:30 万世特攻平和会館離脱
    明らかに時間が余るので、下道で鹿児島空港へ向かう
15:00 鹿児島空港に到着
    暇なので、土産屋の市食品を食いまくる(←1食浮かせるつもりで)
16:30 なんか、セントレアの天候が思わしく無くて、着陸できなかったら関西空港に
     行くとかアナウンスしてるんですが…(´・ω・`)
17:10 5分遅れで鹿児島空港出発
     さらば鹿児島よ(´ω`)/~~
18:15 定刻どおりセントレア到着
    危うくリアル特攻になるとこだった…かもしれない
20:30 Feハウス帰還

帰ってきて万歩計見たら

1日目 未計測
2日目 27,155歩(16.3キロ)
3日目 10,322歩(6.2キロ)
4日目  5,521歩(3.3キロ)

でした。
やはり2日目が飛びぬけてますね(´・ω・`)
足の爪が割れたし、汗だくになったし…

詳細や写真は後日ね(´ω`)/

民生委員の中の部会に出席。

前、3つの日記の日付が間違ってたので修正しました。

ヲタク芸人フェス2014の翌朝、
始発で東武ハイライン高輪に帰宅10時07分到着。

直ぐ洗濯。

朝食が終わってから洗濯物を干し、仕事。

昼過ぎ、13時半、市役所の会議室へ。

『障害児者福祉部会』という民生委員の中の部会に出席。

勉強会みたいなものですね。

13時半開始だから、13時25分に着くように行ったら、
最前列しか空いてる席が無い!

ついつい、遅く着けば、後ろの席になってしまう
お笑いライブの感覚で行動してしまった。

やばい、睡眠不足なのに居眠り出来ない。

内容は、知的障害者施設の校長先生のお話、

愚痴るわけではないのに、普通に大変な仕事で、
明を聞くだけで、苦労が解る。

切ないのが、知的障害者は老け込むのが早いということ。
知らなかったが、知的障害者は子供みたいな感覚があったけど、
実はある時期を境にして
急に子供から年寄りになるものらしい。
特にダウン症の人にその傾向が強く、
保護者の方は、急に子供から老人になったような錯覚に陥るらさい。
だから、施設の職員さんも、その変化に戸惑い、
結構なストレスになっているそうです。

園長先生の話は更に
『我が子がダウン症だと知った親が、
子を受け入れるようになるまでの
心理的変化課程』をグラフで説明していきました。

テレビドラマ『ブラックジャックによろしく』に似たようなエピソードがあり、
イメージしやすかったです。

現場は大変です。
たまにボランティアに駆り出されるぐらいは、

『時期さえ選べれば』

喜んで協力してあげたいですね。

この『時期さえ選べれば』が重要で、
何ヶ月も前からチケット買ってた日に
勝手にスケジュールを組み入れられるのは本当に腹立つ。

最後は園長に拍手してお終い。

速攻で退散したいところでしたが、
めったに来ない市役所の4階で、ついつい物珍しく、
廊下の展示物など読んでしまう、笑。

いろいろな講座がひらかれていて、
落語家が介護をテーマにした落語会なんてのもあって、
興味を惹かれました。

介護をテーマにした落語なんて在ったかな???